上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過保護なくして親離れはない過保護なくして親離れはない
(2005/07)
河合 隼雄

商品詳細を見る


心理学の先生の言う言葉は、案外「学者さま」的なものが多く、
しっくりこないことが多い。
まして、そういう本を読もうと思っているときには、自分の心に
かなり弱い部分や隙が出来ている時なので、優しくしてほしいのです。

その点、河合先生の言葉は、なんでこんなにしみ入るのだろう。
今回読んだこのエッセイ、前半は講演会の模様を文字におこしたものであり、
後半はいろいろな方からの質問への答えとなっている。

出版されたのが5年前。
私が図書館で借りた初版本は、5年とは思えないボロボロ状態。
いかに助けを求めている親が多いのかわかります。
必ずや購入して子育てバイブルとして大切に読んでいきたいです。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
blogram投票ボタン

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。