上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


ほし3つ

鳥取県紅緑村、製鉄一族、赤朽葉家の盛衰を女三代を主役に描いた作品。

うーーん、期待しすぎたかなー、というのが正直な感想。
読んでいる途中で、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』が浮かんできます。
作家本人もこの題名を口にしていたので、大いに影響を受けているのでしょう。
ですので、どうしても『百年の孤独』と比較してしまうのです。
こういう場合、比べるという読み方は間違ってますので、先にお詫びして
おきまっす!ごめんちゃい。

赤朽葉万葉、千里眼と呼ばれた、出生に謎をもつ女
その娘毛毬 レディース漫画界に旋風を巻き起こした女
そして瞳子 毛毬の娘として産まれ、「自由」という名をつけられるはずが
      訳あって平凡な名前をつけられ、平凡な少女時代をすごした女

この3人を主人公とした3部構成で物語は創られています。

1953年から現代までという、読者がすぐに情景が目に浮かぶような時代背景を
描くということは、逆に難しく、詰め込みすぎの感もありますが、これだけの
長編、相当な心意気で取り組んだのだろうな、と思います。

賛否両論あるかとは思いますが、私としては、少々尻すぼみのような気がして
なりません。
前半部分の迫力が最後まで続けば、と思いますが、これも時代背景に連動した
「だらりとした現代」を伝えるために必要なことだったのかなー。

しかし、かなりの長編ですが、最後まで読むのは苦にならないでしょう。
なにやらスピンオフの『製鉄天使』という作品もあるようですね。
やはり毛毬時代の描かれ方が、一番楽しそうだもの。

製鉄天使製鉄天使
(2009/10/29)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!







スポンサーサイト
書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
(2008/10)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

ほしほしほしほし3つ

これほどの翻訳作品を読んでいる人を私は知らない。
聞きしに勝るとはまさにこのこと。
想像していたのとは、とにかくまったく程度が違う。
しかも上質の本を、次々と読破していっている。

ちょうど直木賞受賞時の日記だけに
本人&外野のザワザワ具合も臨場感溢れていい感じ。
しかし、そんな時でも必ず読みかけの本があり、
ちょこちょこと読み続けているのだ、この方は。

この日記を読んでも、いったいどうしてこの人に
こんなにも本を読む時間があるのか、モノを書くのは
いつなのかが、わからない。

寝る。食事する。書店に行く。本を読む。書く。
日々こんな感じか?

理想といえば理想だけど、実際こういう生活を
している人を見ると、とても不思議。
自分なら、本の魔の山から帰ってはこれないだろう。
でも、そんな生き方も、ちょっと憧れます。

ただ一つの彼女との共通点を見つけたり。
面白い上下巻本は、一気に読むのがもったいないため、
あいだに他の作品を一冊挟む、ということ。
え?やっぱり、変ですか?

そして、やはり児玉清さんって素敵なんだー。うふっ。アイコン名を入力してください

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。