上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
(2006/05/20)
大崎 梢

商品詳細を見る


ほし5つ

もっと早く読んでおけばよかった。
「あかずきん」という言葉の甘さに躊躇していて、ここまで読むのが
遅くなっていました。

本好き、本屋好きには、たまらない一冊ですね。
これほどドップリ書店に絡めた推理小説というのもめずらしい。
そして、やはり大崎さん、元書店員なのですね。
だって、ほんとうに細かいんですよ、仕事の内容が。
これは、実際に経験した人じゃないと、なかなか書けるものではありません。

5つの短編からなる作品
「パンダは囁く」
「標野にて 君が袖振る」
「配達あかずきん」
「六冊目のメッセージ」
「ディスプレイ・リプレイ」

どれも、題名が可愛らしい。

私が特に好きだったのは、「標野にて 君が袖振る」。
亡くなった弟が遺したものに、ぐっときました。
「六冊目のメッセージ」も、こんな出会いがあったら、幸せだなーと
思える、人と人とを本が結びつける作品。
「パンダは囁く」の題名推理にも惹かれました。
あー、私もこういう職業につきたかった。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。