上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹、河合隼雄に会いにいく村上春樹、河合隼雄に会いにいく
(1996/12)
河合 隼雄村上 春樹

商品詳細を見る


村上春樹と河合隼雄、
私にとっては夢の対談である。

河合先生と対談すると、きっと誰もが内在化された
未知の自分を見つけてしまうのだろう。
それが、河合先生の言う「うまがあう」人だと、なおさらのはず。

村上春樹という作家は積極的に対談に応じる人ではない。
だからなおさら、村上春樹研究が本人を超え、深く深く奥に潜ってしまう。

でも、実はこの対談一冊で、相当村上作品が読み解けると思うのですよ。
村上ファン必読。
そして河合先生が源氏物語について語った霊の現実性、こういうことを
はっきりと肩の力を抜いた上で言い切れる人は凄いと思う。

「夢を見ない(実際にまったく見ないらしい)」村上春樹。
そのことを当然と受け止める河合隼雄。

「物語を作る」ことで自分の病みを癒す村上春樹。
「人の話を聞く」ことで自分の病みを癒す河合隼雄。

この二人の対談を本という形に残してくれた人に感謝したい1冊。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
blogram投票ボタン

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
トットちゃんとカマタ先生の ずっとやくそくトットちゃんとカマタ先生の ずっとやくそく
(2007/07/26)
鎌田 實黒柳 徹子

商品詳細を見る


いわさきちひろの絵で各章が区切られたこの本。
なんて優しく、励まされ、心に響く本なのでしょう。

幸せとは、生きるとは、いったい何だろう。
この二人は、日本人の私たちから対極にある、厳しく貧しい国に行き、
その意味を何度となく問うてきています。

片や医師として多くの患者さんを看取り、片やユニセフの親善大使として
二十年以上、貧困や戦争で大変な状況におちいった子供たちと対話し、
現況を自分の言葉で伝えてきたのです。

この二人の言葉には嘘はありません。
飾りをなくし、ありのままを伝えることがいかに大事かを知っているからです。

自分はいったい何をすべきか、何ができるのか。
そんな問いかけを強要するのではなく、幸せの青い鳥の居場所を教えてくれる、
そんな慈愛に満ちた対談でした。

この本に出会えて良かった。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
blogram投票ボタン

そしてこちらも、ポチッとな!
かみつく二人かみつく二人
(2009/06)
三谷 幸喜清水 ミチコ

商品詳細を見る


むかつき、いらつき、ついにかみついたわけですな、この二人。

J-WAVE「DOCOMO MAKING SENSE」でのおしゃべりを、そのまま
文字にしたものです。

これがまた、くだらない!(もの凄くいい意味でですよ。)
よくもまあ、相手をこんな風にケチョンケチョンに言えるわ、と
いうくらい、言っちゃってます。
ほんとに気持ちいいくらい(笑)。
家族ぐるみのお付き合い、というのが頷けます。

特に、清水のみっちゃんが、三谷さんが熱心に語り始めると
(歴史モノや、大河ドラマなどについて)
「説明なんて、聞かなくてもいいですから。DVDも貸してくれなくて
 結構ですよ」と一蹴。
これを、実際ラジオで聞くと、倍面白いのですが、
言葉のニュアンスが、よくしゃべりを聞いている二人なので、
存分に伝わってきて、ちょっと電車の中でも笑ってしまいます。

このシリーズ、心の底から、ずっと続いて欲しいです。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!


職人ワザ!職人ワザ!
(2005/08/24)
いとう せいこう

商品詳細を見る


ほし3つ

いとうせいこうは、きっと職人が大好きだ。
職人に話を聞き、それを自分の得意分野とシンクロさせて、
消化する、そんな作業が好きなんだろう、
そう思ったのは、おそらく深夜番組の「虎の門」における、
うんちく王を見てからだろう。

あれから数年たち、この本を図書館で見つけた時には、
やはり!と胸がスッキリしたもんだ。
彼は下町に居をかまえている。
下町といえば職人の宝庫。
馴染みになった職人さんたちにインタビューしたものを
まとめたのがこちらの本。

教育番組的観点からではなく、
「興味本位」という言葉が浮かぶような質問の数々に、
こちらも安心して心の中で「へぇ~」だの「たいしたもんだね~」などと呟ける。
彼ならではの繋がり方をした職人交友録。気軽に楽しめる一冊。

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!
いらつく二人いらつく二人
(2008/03/18)
三谷幸喜 清水ミチコ

商品詳細を見る

ほしほしほしほしほし4つ

『むかつく二人』に続く、ラジオ番組単行本化第2弾。
むかつく二人むかつく二人
(2007/01)
三谷 幸喜清水 ミチコ

商品詳細を見る


いや、笑う!
内容はほんと、どうでもいい話が多いのです。
三谷妻のペチャパイ問題や、かまやつひろしの「虎屋の羊羹」問題。
山口もえの「キングコング実話」事件。
取るに足りないことを、この方たちがおしゃべりすると、
馬鹿馬鹿しくも、いつまでも聞いていたい楽しい話になるのですよ。
きっと生で聞いたら、もっと面白いんだろうなーと思いつつ、
気づいたら、あらやだ、第3弾まで出てるじゃない!
かみつく二人かみつく二人
(2009/06)
三谷 幸喜清水 ミチコ

商品詳細を見る


まだ続いてるのかしら、このラジオ。
んぎゃ!
今調べたら、ポッドキャストで配信中でした。
ちゃっちゃとダウンロードして聞いてみます。



で、聞いてみました。
笑う。ほんと、おかしいんだ、これが。電車の中で笑っちゃいましたよ。
いきなり桃井かおりで出てきたりするのよね、みっちゃん。
あと黒柳徹子の話とか、タクシー運転手さんのいい話とか、
次から次へとコネタ登場。
三谷幸喜はラジオで聞くと、ほんといい男だなー、声が!

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。