上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トットちゃんとカマタ先生の ずっとやくそくトットちゃんとカマタ先生の ずっとやくそく
(2007/07/26)
鎌田 實黒柳 徹子

商品詳細を見る


いわさきちひろの絵で各章が区切られたこの本。
なんて優しく、励まされ、心に響く本なのでしょう。

幸せとは、生きるとは、いったい何だろう。
この二人は、日本人の私たちから対極にある、厳しく貧しい国に行き、
その意味を何度となく問うてきています。

片や医師として多くの患者さんを看取り、片やユニセフの親善大使として
二十年以上、貧困や戦争で大変な状況におちいった子供たちと対話し、
現況を自分の言葉で伝えてきたのです。

この二人の言葉には嘘はありません。
飾りをなくし、ありのままを伝えることがいかに大事かを知っているからです。

自分はいったい何をすべきか、何ができるのか。
そんな問いかけを強要するのではなく、幸せの青い鳥の居場所を教えてくれる、
そんな慈愛に満ちた対談でした。

この本に出会えて良かった。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
blogram投票ボタン

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/106-b279a00d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。