上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エデンの東(上)エデンの東(上)
(2005/04/21)
ジョン スタインベック

商品詳細を見る


ほし5つ

久しぶりに鳥肌がたつほど凄い作品に出会えました。
ジェームス・ディーン主演で大ヒットとなった同名映画の
原作です。
私の年代だと、この映画を見たことがある人は、実はかなり
少ないのではないかと思います。

この作品、存在自体は知っていましたが、まったく読むつもりは
ありませんでした。
ポッドキャストで爆笑問題の番組を聴き、そこで太田光さんが
大絶賛していたので興味を持ちました。
うーん、絶賛どころではないですね。あらすじのほとんど、
結末の詳細まで語っていました。本来ですと、そこまで内容を
知ってしまっていると、読む気がおきないのですが、太田さんが
読書家であること、また本の好みが自分にかなり近いこともあり
早速図書館にて借りました。

ある二つの家族の歴史を綴った作品、と言ってしまっては
あまりにも簡単な説明になってしまいます。
しかし、この三代にわたる大河ドラマ、筆舌に尽くしがたい
感情を、読んだものに与えます。一家に仕える中国人リーの
存在感。そして土屋政雄の訳の素晴らしさ。
私は今まで、まったく訳者を意識して読んだことがなかったのですが、
やはり今回は土屋訳の美しさに感銘を受けました。

もう、絶対買います、この本。
そしてこれからの人生、きっと何度も読み返すことでしょう。
読まずに死ねるか的作品です。
太田さん、ありがとう!!!!!

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/45-df464c89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。