上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グアテマラの弟グアテマラの弟
(2007/06)
片桐 はいり

商品詳細を見る


ほし4つ

あの、です。
あの、おかっぱで顔の四角い、一度見たら忘れられない個性派女優、
片桐はいりさんのエッセイです。

いやー、彼女が、こんなにもいい文章を書くとは知りませんでした。
今回の題材は、なぜかグアテマラに魅せられて、すっかり土地の人と
なり、スペイン語学校を経営している弟さんとその家族が主人公。

貧困問題が恒常化しており、国民の生活水準は全体に低い。
平均寿命は64歳。
識字率は67.3%は中央アメリカでもっとも低い部類に属す。
貧富の差は激しく、人口の10%が国民全体の所得の47%を占める一方、
国民の57%が貧困層に属する。
ちょっと調べてみると、こんなデータが出てきます。

弟さんの家庭も中流に属する部類。
しかしそこには明るく、細かいことにとらわれない、悠々とした
暮らしが息づいているのです。

エッセイは美化することもなく、素直な感情をやわらかい文章で
綴っています。特に弟の嫁や、その息子とのやりとりなど、
笑ってしまうことも多数。

その中に、幼い頃の弟や、両親との思い出が挟み込まれ、ほろっと
させられます。
ぜひぜひ、はいりさんには、たくさんの文章を書いていただきたい!
とても楽しめた一冊でした。

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/48-b13bb72b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。