上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
(1989/05/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ほし3つ


というわけで、早速読んでみました、加賀恭一郎シリーズ第一作。
なんとまだ大学生だったのですね、加賀さん。
そしていきなり冒頭はプロポーズのセリフから!

この頃は、まだ進路として、
警察というのは選択肢の一つだったようで、
謎解きも、父親に相談するというような初々しさが感じられます。

しかし、おきた事件はかなりショッキングなもので、
親しくしていた女性二人が謎の死を遂げます。
自殺か他殺か?
かたや密室、かたや茶道のお茶事のまっ最中と、
状況は違うものの、関連性を感じる事件。
そこに剣道や大学の研究室なども関わってきて、
事件は意外な入り組み方をしてくるのです。

あ~、『新参者』を読んだ後でよかった!
加賀くんの成長度合いがはっきりしたもの。
さてこうなると、教師を目指すつもりでプロポーズした彼女と
この先どうなっていくのかも、心配よ~。

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/50-7afd7bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。