上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
(2006/10/18)
北方 謙三

商品詳細を見る


ほし4つ

とにかく読んでみろ、とおっしゃる方が多いこの作品。
なにやら小学校の朝の読書タイムでまで、読まれていると聞き、
やっと重い腰をあげて、読み始めました。

全19巻のうちの、記念すべき第1巻!
近所の図書館でも、既にハードカバーは予約なしで借りることの
できる状態でありました。それだけもう、日が経ってしまったんだなー。

実は、「北方三国志
三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
(2001/06)
北方 謙三

商品詳細を見る
は、第1巻で惨敗しておりまして、(というか
吉川三国志も惨敗なんですけどね)今回も恐る恐るといったところなのですが、
いや、今回は、かなりいけそうな気がします。

108人の登場人物と聞いていて、それだけでも寿命の縮む思い
だったのですが、まず第1巻に登場した人たちは、大丈夫、
憶えきれそうです(笑)。

主要人物と思われる、読者アンケートでも人気ナンバーワン(北方水滸伝HPによる)
「林冲」の入獄から脱獄にいたるまでがメインとなって描かれるこの巻。
すでに、気になる人物が出まくりです。
混濁の世を糾すために全国から立ち上がる猛者たち。
これは、ノンストップで読んだ方がよさそう。
読書の楽しみがまた増えました。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/67-b007994a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。