上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二つの月の記憶二つの月の記憶
(2008/01/18)
岸田 今日子

商品詳細を見る


つき4つ

父は劇作家で文学座創設者の岸田國士。姉に詩人で童話作家の岸田衿子。
本人も名エッセイストであり、童話作家である。

病に倒れる直前まで『メフィスト』誌上に連載していた7つの物語を集めた
ものがこちらの作品集。ちょうど1周忌に出版されたようです。

岸田今日子というと、女優としての活躍はもちろんのこと、私たちの年代では
ムーミンの声としてとても馴染み深いわけですが、彼女が物書きである、しかも
珠玉の名作を数多く遺している、ということは最近まで知りませんでした。

ある雑誌の書評に岸田さんのことが載っており、気になってこの本を図書館で
借りたわけですが、ちょっと驚いてしまいました。

1作目の「オートバイ」。
どこにでもある、反抗期の娘の話かと思いきや‥。
意外な展開にどきりとさせられ、そこからは次々と不思議な世界に引き込まれて
いきました。

エッセイかと思うと「作り話」。その境界線がまったくつかめず、自分もその
物語のなかにずるずると溶けていってしまうような、そんななんとも言えぬ
ぬめり感があります。

あっと言う間に読んでしまうことができる長さなのですが、読後の余韻が
すさまじい。
ぜひ、読んでいただきたい一冊です。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/70-b65735a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。