上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤めだか赤めだか
(2008/04/11)
立川 談春

商品詳細を見る


昨年、大変話題になりましたね。
やっと読みました。

私は落語に関して、かなり疎い方だと思います。
笑点」すら最近は見なくなりました。
しかし、数年前、生で桂歌丸さんの「火焔太鼓」を聴いた
時には、オチを知っている噺で、こんなにも笑わせられるなんて
なんて落語家ってすごいんだ!と、ものすごい衝撃を受けたものです。

さて、この談春さんの、師匠の談志への弟子入りを決めてから、
現在に至るまで、青春記とも言えるエッセイ。
さすが噺家さん、面白いです。

談志師匠をはじめ、一緒に二ツ目を目指した仲間たち、
先輩落語家とのエピソード満載。
談志が落語協会を脱退し、たちあげた立川流。
当時、私はビートたけしの強烈なファンでしたので、たけしと高田文夫が
その当時立川流に弟子入りしたことで、談志という人はすごい人なんだなと
感心したのを憶えています。

さてこの本、落語のことをもっと知ってれば、10倍楽しめるだろうな、
と思いました。ちょっとくやしいなー。
そして、「ためしてガッテン」で司会を務める立川志の輔のとてつもない
凄さが、この本でよーくわかりました。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/71-9176302f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。