上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1994/03)
北村 薫

商品詳細を見る


円紫師匠シリーズ第一作。

この作品が出た頃は、まだ北村薫は覆面作家でした。
女子大生を主役としたこの作品、女性の描き方がうまいということで、
すわ!現役女子大生作家の登場か、とまでいわれていましたね。

しかし、わたくしは密かに男性、しかも中年男性とにらんでおりました。
同性にしてはほんの少し奥ゆかしすぎるのです、いやらしさがないのです、
主人公の発想が。

そういう設定とはいえ、これほどお年頃でありながら、
直ぐにも円紫に恋をしないなんて!同じ女性としてあり得ないだろう、
と思ったのでした。

まあ、そんな風に思っちゃうほど、私はこの円紫さんに惹かれているのです。
勝手に志ん朝さんをあてはめちゃっているし、イメージは良いほうへ良いほうへ‥。

それはさておき、
私が現国の先生なら、間違いなく題材として選ぶ、素敵な文章がたっぷり味わえる
作品です。


By: Twitter Buttons

こちらに参加しております!
応援してもらえると、うれしいです!ポチッとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そしてこちらも、ポチッとな!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoma2010.blog100.fc2.com/tb.php/87-f8f924a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。